産経ニュース

【情報収集衛星】情報収集衛星の打ち上げ成功 約30センチの高解像度、北朝鮮の監視強化へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【情報収集衛星】
情報収集衛星の打ち上げ成功 約30センチの高解像度、北朝鮮の監視強化へ

 情報収集衛星「光学6号機」を載せ打ち上げられるH2Aロケット38号機=27日午後1時34分、鹿児島県の種子島宇宙センター  情報収集衛星「光学6号機」を載せ打ち上げられるH2Aロケット38号機=27日午後1時34分、鹿児島県の種子島宇宙センター

 政府の情報収集衛星光学6号機を搭載したH2Aロケット38号機が27日午後1時34分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。正常に機能すれば核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の監視強化に役立つ。

 光学6号機は、設計上の寿命を超えて運用している4号機の後継となる衛星。デジタルカメラのようなセンサーを搭載し、日中の晴天時に地上を撮影する。

 識別可能な物体の大きさを示す解像度は、車の種類が判別できる約30センチとみられ、約60センチとされる4号機の2倍に向上。運用中の5号機とほぼ同じで、高精細画像をより高頻度に撮影できるようになる。開発費は307億円、打ち上げ費用は109億円。

 光学衛星の解像度は当初、米国の民間衛星を下回っていたが、5、6号機は同等の水準だ。高性能化は世界的に進んでおり、米偵察衛星の解像度は少なくとも約20センチに達している。

 情報収集衛星は光学衛星と、夜間や曇りでも撮影できるレーダー衛星の各2基がそろうと、地上のどこでも1日1回撮影できる本格運用が可能になる。現在は光学2基、レーダー4基の計6基が稼働している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 情報収集衛星の打ち上げ成功 約30センチの高解像度、北朝鮮の監視強化へ

「ライフ」のランキング