産経ニュース

【書評】『絶望の歌を唄え』堂場瞬一著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『絶望の歌を唄え』堂場瞬一著

『絶望の歌を唄え』堂場瞬一著 『絶望の歌を唄え』堂場瞬一著

 警視庁からPKO派遣で東南アジアに赴任した安宅は、現地で知り合ったジャーナリスト、田澤と爆弾テロに遭遇する。トラックがビルに突入し、大爆発。ビルは倒壊し、田澤は行方不明に。帰国した安宅は友人を失った悲しみと死の苦しみから警察を辞め、東京・神保町で喫茶店を開く。

 10年後、今度は神保町が爆弾テロの舞台に。捜査を攪乱(かくらん)する情報をもたらす謎の女、続けて発生した殺人事件と2度目の爆弾テロ。安宅は一連の事件にある男の影を感じる。刑事という過去を捨てた男が友の深い闇に迫っていくハードボイルド・サスペンス。(角川春樹事務所・1600円+税)

「ライフ」のランキング