産経ニュース

【話の肖像画】落語家・春風亭一之輔(5) 自分が「一番のお客さん」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
落語家・春風亭一之輔(5) 自分が「一番のお客さん」

(寺河内美奈撮影) (寺河内美奈撮影)

 〈真打ちになって6年、今や弟子も2人〉

 自分も(弟子に)とってもらったから。もちろん際限なくじゃなくて、断ることもありますけどね。(習いにきた人に)稽古をつけるのも時間が許す限りやってるつもりです。

 趣味はないですねぇ。家族そろって晩ご飯を食べられるのは月に1、2回かな。朝は二日酔いがほとんどだけど、7時には起きて、子供(2男1女)と朝飯を一緒に食べるようにしているんですよ。

 神が降りてきたような「渾身(こんしん)の一席」ですか? これもないなぁ(苦笑)。きょうは良かったとか、悪かったなんて覚えていない。“引きずる”のはよくないですから。ガツガツしていないっていうか、すごい達成感もないんです。そのかわり、忙しくて息切れしてしまうとか、やらされてる感もない。周りからいわれて「そうすか、そうすか」って、フワフワとやってきた感じですかね。僕は落語が嫌になったりやめたいと思ったりしたことがまるでない。こんなに楽しくていいのかなぁって。甘いのか、この先につらい大きな壁があるのかもしれませんけどねぇ。(聞き手 喜多由浩)=次回はタイ警察大佐の戸島国雄さん

「ライフ」のランキング