産経ニュース

受動喫煙対策、自民部会で了承 100平方メートル以下は喫煙可で大幅後退 規制推進派に足並み乱れ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


受動喫煙対策、自民部会で了承 100平方メートル以下は喫煙可で大幅後退 規制推進派に足並み乱れ

 賛成者には規制推進派も含まれ、党受動喫煙防止議員連盟の山東昭子会長は「命を守る観点から容認できないが、様子を見る。いやいや容認する」と表明。超党派の「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議連」の尾辻秀久会長は「ベストではないのは承知の上でベターなものを進めていこう」と呼びかけた。

 規制推進派の塩崎恭久前厚労相は自ら用意した資料の配布が認められず、三原じゅん子参院議員は「政治家は国民の命を守ることに真正面から向き合うべきだ」と訴えたが、推進派の足並みの乱れもあって慎重派を翻意できなかった。

 公明党も22日、厚労部会を開いたが、異論が相次ぎ、了承は先送りされた。

このニュースの写真

  • 受動喫煙対策、自民部会で了承 100平方メートル以下は喫煙可で大幅後退 規制推進派に足並み乱れ

「ライフ」のランキング