産経ニュース

俳優の大杉漣さんが死去 66歳 名脇役として活躍 食事後に腹痛訴える

ライフ ライフ

記事詳細

更新


俳優の大杉漣さんが死去 66歳 名脇役として活躍 食事後に腹痛訴える

俳優の大杉漣さん=2017年3月5日午後、東京都内(菊本和人撮影) 俳優の大杉漣さん=2017年3月5日午後、東京都内(菊本和人撮影)

 映画「ソナチネ」など、名脇役として数多くの映画やドラマで活躍した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・孝=たかし)さんが21日午前3時53分、急性心不全で亡くなったことが分かった。所属事務所が発表した。66歳だった。

 テレビ東京によると、20日は同局系ドラマ「バイプレイヤーズ」の撮影に参加。午後9時に撮影を終え、共演者らと食事に行き、ホテルの部屋に戻った後で腹痛を訴えたという。その後、タクシーで救急病院に搬送され、病院で死去した。

 昭和26年生まれ。徳島県出身。49年、劇団「転形劇場」に入団。平成5年、北野武監督の映画「ソナチネ」で暴力団幹部の役をオーディションで射止め、独特の存在感で注目された。以後、「HANA-BI」「アウトレイジ 最終章」などに出演し、北野作品に欠かせない俳優に成長。近年は、映画「シン・ゴジラ」、テレビドラマ「銭の戦争」、バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」など幅広く出演。11年に「HANA-BI」で、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。

このニュースの写真

  • 俳優の大杉漣さんが死去 66歳 名脇役として活躍 食事後に腹痛訴える
  • 俳優の大杉漣さんが死去 66歳 名脇役として活躍 食事後に腹痛訴える
  • 俳優の大杉漣さんが死去 66歳 名脇役として活躍 食事後に腹痛訴える

関連ニュース

「ライフ」のランキング