産経ニュース

【話の肖像画】歌舞伎俳優・松本白鸚(4) ブロードウェーで拍手喝采

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
歌舞伎俳優・松本白鸚(4) ブロードウェーで拍手喝采

米ブロードウェーでの「ラ・マンチャの男」のカーテンコール(本人提供) 米ブロードウェーでの「ラ・マンチャの男」のカーテンコール(本人提供)

 〈昭和44年4月、日本初演のミュージカル「ラ・マンチャの男」に主演。周囲に侮られようとも、愚直に“見果てぬ夢”を追い求め、死にゆく男ドン・キホーテの物語。翌年には米ブロードウェーでも、日本人として英語で初主演を果たした〉

 実はブロードウェー主演の一報は、産経新聞の記者さんからもたらされたんです。44年の9月に電話をくださって、ニューヨーク・タイムズの記事に、来年ブロードウェーで国際ドン・キホーテ・フェスティバルが催される予定で、世界各国のドン・キホーテ役者が出演するとある。日本のソメゴロー・イチカワ(当時)の名前も出ているが、正式に話が来たら受けますか、と質問されました。初耳でした。反射的に「受けます」と言っちゃったんです。

 〈その日から舞台出演の傍ら、エンターテインメントの聖地での主演舞台を目指し、猛稽古をスタート。12月には紀子夫人との結婚式も控えており、多忙を極めた〉

 1日が24時間以上あれば、と何度思ったことか。当時は誰一人、私が本当にブロードウェーで主演できるとは思っていなかった。でも“できる”条件が次々と出てきたんです。私は早稲田大の入試もフランス語で受けたくらいで、英語はできなかった。

 ところが父(初代白鸚)が以前、「勧進帳」を教えたブロードウェー俳優のドン・ポムスさんが、日本滞在中と分かった。連絡を取ったら、「弁慶を教わった恩返しに、せりふを教える」と言ってくれ、洋書店で台本を2冊買い、翌日からマンツーマンで猛特訓です。無謀というか、役者の業というか、運命だったと思います。いい企画、いい役、いい芝居の話が来ると「やる」と言っちゃう。

 〈翌45年1月に渡米。夕方まで舞台稽古、それから舞台英語の個人レッスン、と寝る間も惜しんで没頭した。3月2日、マーチンベック劇場で初日を迎える。幕が下りると、ブラボーの嵐が押し寄せた。5月9日まで10週間、計60ステージに主演した〉

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング