産経ニュース

ナイジェリアでラッサ熱 40人以上死亡とWHO

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ナイジェリアでラッサ熱 40人以上死亡とWHO

 世界保健機関(WHO)は13日、西アフリカのナイジェリアで1月以降、ラッサ熱が流行し、感染が疑われる人が約450人に上り、うち43人が死亡したと発表した。

 西アフリカのベナン、リベリア、シエラレオネでも患者が報告されており、WHOは専門家を派遣、検疫など地域の協力態勢強化に向け動き始めた。

 ラッサ熱は西アフリカ一帯にみられ、野ネズミの一種であるマストミスが宿主とされる。エボラ出血熱と同じウイルス性出血熱で、重症化すると吐血などで死亡することもある。(共同)

「ライフ」のランキング