産経ニュース

【国民栄誉賞】記者会見速報(1) 羽生善治棋聖「将棋を日々のコミュニケーションに」 井山裕太十段「囲碁を国と国とのつながりに」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【国民栄誉賞】
記者会見速報(1) 羽生善治棋聖「将棋を日々のコミュニケーションに」 井山裕太十段「囲碁を国と国とのつながりに」

国民栄誉賞授与式後に記者会見する羽生善治氏(左)と井山裕太さん=13日夜、東京都千代田区 国民栄誉賞授与式後に記者会見する羽生善治氏(左)と井山裕太さん=13日夜、東京都千代田区

 井山「まだまだ囲碁のことがわかっていないことが多く、のびシロがあると思っている。少しずつでも前進していけたらな、と。囲碁は世界戦があり、長い間日本勢は結果を残せていない。いい戦いができるように、日本の囲碁を復活というか、結果としても“やれるんだ”というもの示せるように頑張っていきたい」

 --安倍首相との懇談ではどんな声をかけられたか

 羽生「たいへんおめでとうございます、と。名誉ある賞をいただき光栄です、と」

 井山「私もそのように、はい…」

 --記念品は硯箱のセット。希望だったのか

 羽生「筆をつかって書く機会が多い。とても素晴らしい書に関する一式をいただいた。ただ、記念の品であるので、もったいなくて使えるかな、というのはあります」

 井山「私も書く機会が多い。もう少し、書の方も勉強しようかなと思っている」

 囲碁十段戦を主催している産経新聞社では、囲碁の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。

 是非、ご回答ください。⇒アンケートはこちらから

次のニュース

このニュースの写真

  • 記者会見速報(1) 羽生善治棋聖「将棋を日々のコミュニケーションに」 井山裕太十段「囲碁を国と国とのつながりに」

「ライフ」のランキング