産経ニュース

【国民栄誉賞】授与式後会見 羽生棋聖、フィギュアの羽生選手に「親近感」とエール、井山十段、筆などの記念品に「書の勉強も…」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【国民栄誉賞】
授与式後会見 羽生棋聖、フィギュアの羽生選手に「親近感」とエール、井山十段、筆などの記念品に「書の勉強も…」

国民栄誉賞を受賞し、記者会見する羽生善治氏(左)と井山裕太氏=13日夜、東京都千代田区 国民栄誉賞を受賞し、記者会見する羽生善治氏(左)と井山裕太氏=13日夜、東京都千代田区

 国民栄誉賞に輝いた将棋の羽生善治棋聖(47)=竜王=と囲碁の井山裕太十段(28)は13日夕、首相官邸で行われた授与式後、都内のホテルで記者会見に臨んだ。国民栄誉賞の受賞決定後、2人がそろって会見するのは初めて。

 会場には人気の高さを反映し、多くのマスコミが集まった。2人は和服姿で登場し、羽生棋聖が「これを励みに棋士として前向きに進んでいきたい」、井山十段も「棋士として自分はまだまだ。棋士として人間として努力していきたい」と受賞の感想を述べた。

 棋士として揮毫(きごう)する機会が多いため、記念品として雨端硯(あめはたすずり)や熊野筆などが贈られた。羽生棋聖は「もったいなくて使えないかも」、井山十段も「これを機会に書の方も勉強しよう思います」と会場の笑いを誘った。

 羽生棋聖はこの日の授与式について、「これまで表彰を受けるケースは多くあったが、今日は少し緊張しました」と明かし、17日の藤井聡太五段(15)との初の公式戦については、「今日が終わったら一息つけると思っていたが、そうではなくなった。対局を楽しみにしている」と意気込みを見せた。

 また、井山十段は、「囲碁は世界的にも普及していて、愛好家が多い。国境を越えて、国と国とのつながりに囲碁がお役に立てればうれしく思う」とし、「囲碁は世界戦がある。結果を示せるように頑張っていきたい」と抱負を語った。

 また、会見では、現在開催中の平昌オリンピックに出場するフィギュア男子の羽生結弦選手に関する質問も飛び出し、羽生棋聖は「読み方は違いますが、漢字は同じで親近感を持っている。芸術的な滑りを見てみたい」とエールを送った。

次のニュース

「ライフ」のランキング