産経ニュース

高齢者の免許の自主返納 静岡県が1位に かかりつけ医の活用が奏功

ライフ ライフ

記事詳細

更新


高齢者の免許の自主返納 静岡県が1位に かかりつけ医の活用が奏功

 75歳以上のドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が昨年3月に施行されてからの半年間に、認知症の恐れがある「第1分類」と判定され、自主的に運転免許証を返納した静岡県内の高齢者は484人で、全国最多だったことが警察庁のまとめで分かった。2位は愛知県の279人。人口は同県の半分程度にもかかわらず、自主返納者数は2倍近くと突出しており、県警は「かかりつけ医」を活用した本県独自の取り組みが奏功していると分析している。(石原颯)

 現在、75歳以上の高齢ドライバーは免許更新時と一定の交通違反をした場合に、判断力や記憶力をチェックする認知機能検査を受けることが義務づけられている。

 検査では(1)認知症の恐れがある「第1分類」(2)認知機能低下の恐れがある「第2分類」(3)問題なしの「第3分類」-のいずれに当たるかを判定。これまでの制度では、第1分類と判定された人は免許更新後に一定の交通違反をした場合のみ、認知症かどうかの医師の診断を受けることが義務づけられていたが、改正道交法の施行で、第1分類と判定された人は直ちに医師の診断が必要になった。

続きを読む

「ライフ」のランキング