産経ニュース

風疹…30~50代男性が感染源に「帰国後に出社、職場で集団感染」 自治体が費用補助も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


風疹…30~50代男性が感染源に「帰国後に出社、職場で集団感染」 自治体が費用補助も

 「ワクチン接種してから出かけて」

 男女とも抗体が低い場合は予防接種が勧められる。平原院長は「とくに海外出張する男性で抗体が低い人はワクチン接種してから出かけてほしい。また、海外から帰国後、かぜのような症状がある場合は、まず医療機関で診察を受け、風疹でないことを確認してから出勤すること」と話す。

 妊娠を希望する女性のために、多くの自治体で抗体検査やワクチン接種を無料で行っている。東京都目黒区や川崎市は、女性だけでなく男性のワクチン接種費用を補助している。抗体検査・ワクチン接種とも自治体によって実施状況が異なるので、保健所などへ問い合わせるといい。

 ワクチン接種は補助がない場合は自己負担となる。費用はクリニックで異なるが、麻疹と混合の「MRワクチン」は5千~1万円程度。麻疹の予防接種をしたことがある人が受けても、副反応や過剰反応は問題なく、麻疹と風疹両方の予防になる。

このニュースの写真

  • 風疹…30~50代男性が感染源に「帰国後に出社、職場で集団感染」 自治体が費用補助も

「ライフ」のランキング