産経ニュース

「盲導犬」入店拒否や偏見…今も課題 育成団体の発足から半世紀 高齢化に対応 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「盲導犬」入店拒否や偏見…今も課題 育成団体の発足から半世紀 高齢化に対応 

盲導犬のベイスと地下鉄に乗って出勤する門川紳一郎さん=大阪市 盲導犬のベイスと地下鉄に乗って出勤する門川紳一郎さん=大阪市

 視覚障害者の目となる盲導犬の育成団体が発足してから半世紀、高齢や複数の障害がある利用者にも対応できる犬を選べるようになり、活躍の場は広がっている。生活に欠かせない存在になる一方で、同伴での入店拒否は後を絶たず、社会の誤解や偏見は大きな課題だ。

 頼りになる相棒

 「僕は目が見えず、耳が聞こえないが、盲導犬がいるから外出ができる。この子なしの生活はもう考えられない」

 大阪市の門川紳一郎さん(52)は自宅を出ると、バスと地下鉄を乗り継いで約1時間かけ、勤務先の事務所に向かう。左側には盲導犬のベイスがまっすぐ歩けるよう寄り添い、人や車がいれば避け、信号やバス停の前で止まって知らせる。

 門川さんは生まれたときから目が見えにくく、4歳で聴力を失った。つえで外出を続けたが、視力が落ちて不安を感じるようになり、盲導犬を利用したいと関係者に相談。歩行で体が左右に揺れやすい門川さんを支えるため、大きめのベイスが選ばれ、平成28年からパートナーになった。

 外には車の行き交う通りや交差点、人の流れが絶えない改札口がある。エンジン音や話し声は聞こえず、わずかな風や空気の流れなどが頼りだ。そんな時、曲がり角や段差を知らせてくれるベイスはとても頼りになる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「盲導犬」入店拒否や偏見…今も課題 育成団体の発足から半世紀 高齢化に対応 
  • 「盲導犬」入店拒否や偏見…今も課題 育成団体の発足から半世紀 高齢化に対応 

「ライフ」のランキング