産経ニュース

【話の肖像画】歌舞伎俳優・松本白鸚(1) 奇跡といえる「三代同時襲名」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
歌舞伎俳優・松本白鸚(1) 奇跡といえる「三代同時襲名」

歌舞伎俳優・松本白鸚さん(宮川浩和撮影) 歌舞伎俳優・松本白鸚さん(宮川浩和撮影)

 〈1、2月の東京・歌舞伎座の襲名披露興行で、松本幸四郎家の親・子(市川染五郎)・孫(松本金太郎)の三代が、それぞれの「父」の名跡を同時襲名した。親・子・孫が同時代に現役でなければできない襲名を、昭和56年に続いて再び実現したことになる。“松本幸四郎”の名跡を長男に譲り、二代目松本白鸚となった〉

 奇跡です。二代続けて三代同時襲名が再びできた。歌舞伎を愛する方々が、この奇跡を起こしてくださったんです。幸四郎という名跡に別れを告げた寂しさは不思議なほどなく、二代目松本白鸚として、やるべきことがまだまだたくさんあるように思える。今、新たな一歩を歩み出した気持ちです。

 〈1月の襲名狂言は「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ) 寺子屋」。主君のため、わが子を犠牲にする松王丸の役は、37年前に幸四郎を襲名した際も演じた。そして2月は「仮名手本(かなでほん)忠臣蔵 七段目」の大星由良之助。37年前の前回襲名で、父の初代白鸚が病と闘いながら、孫(新幸四郎)と共演した役を今、孫の新染五郎と演じる〉

 私は幸四郎時代、“演劇としての歌舞伎”を考え続けてきた気がします。荒唐無稽で民俗芸能的だった歌舞伎は明治期、九代目市川團十郎が演劇としての写実性を取り入れ、さらにその後を継いだ祖父(七代目幸四郎、初代中村吉右衛門)や父(初代白鸚)が、心理描写の要素を加えた。そういう意味で「寺子屋」は演劇的であり、松王丸は複雑な心理描写が求められる、格好の役なんです。また、由良之助役で今回、孫と共演できるのは、亡き父の私に対する思いやりのように感じられます。

続きを読む

「ライフ」のランキング