産経ニュース

【老舗あり】青森県五戸町 コムラ醸造 地域に根差した商品作り 「地元の農産物使い社会貢献」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【老舗あり】
青森県五戸町 コムラ醸造 地域に根差した商品作り 「地元の農産物使い社会貢献」

風土がはぐくんできた自社の商品を手に、食を通した地域貢献を目指す小村彰夫社長=青森県五戸町 風土がはぐくんできた自社の商品を手に、食を通した地域貢献を目指す小村彰夫社長=青森県五戸町

 熱々のご飯に乗せて食べると、野菜の歯応えとピリ辛の程良い刺激が口いっぱいに広がる。ご飯のお供として青森県南地方を中心に長年、県民に親しまれている漬物「コムラのなんばんみそ」。創業130年を超える老舗は、風土がはぐくんだ漬物文化の伝統を守り、地域に根差した商品作りを心掛けている。

 なんばんみそは同県五戸町が発祥の地とされ大根、ニンジン、キュウリ、ゴボウ、しその実を細かく切って唐辛子とともに醪(もろみ)に漬け込んで寝かせたもので、冬の保存食として各家庭で作られ、独自の味として食べられてきた。

 醪で漬けているのにみそというネーミングが入っているのは昔、五戸地方で醪のことを「ごと味(み)噌(そ)」と呼び、唐辛子を方言で「なんばん」ということに由来する。

 野菜は地場産。当初は収穫時期の関係で秋から春にかけての季節限定商品だったが、機械化によって昭和50年代から通年での生産が可能になり、現在は県内外で販売されている。時代が移り変わる中、ニーズに応えるために味付けも以前は塩分が高かったが、今は減塩にするなど工夫を凝らしている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 青森県五戸町 コムラ醸造 地域に根差した商品作り 「地元の農産物使い社会貢献」
  • 青森県五戸町 コムラ醸造 地域に根差した商品作り 「地元の農産物使い社会貢献」

「ライフ」のランキング