産経ニュース

【聞きたい。】親日だけではない…混然一体、複雑な台湾の高齢者の心情 酒井充子さん 『台湾人生 かつて日本人だった人たちを訪ねて』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
親日だけではない…混然一体、複雑な台湾の高齢者の心情 酒井充子さん 『台湾人生 かつて日本人だった人たちを訪ねて』

『台湾人生 かつて日本人だった人たちを訪ねて』酒井充子著(光文社知恵の森文庫) 『台湾人生 かつて日本人だった人たちを訪ねて』酒井充子著(光文社知恵の森文庫)

 初めての台湾旅行で九●(きゅうふん)を訪れたとき、お年寄りから日本語で話しかけられたのをきっかけに、台湾の魅力にはまって20年。すでに訪台は50回を数える。「豊かな自然があって、多様な民族がいて、複雑な歴史があって、それらが混然一体となって人々の懐の深さにつながっている。簡単に答えが出るようなものではないですね」とほほ笑む。

 ドキュメンタリー作家として、これまでに4本の映画で台湾を見つめてきた。その最初の作品が、日本語教育を受けた世代へのインタビューで構成した平成21年公開の「台湾人生」で、翌22年には、映画に収まりきらなかった声も拾って単行本を出版した。

 「昨年、新作の『台湾萬歳(ばんざい)』が公開されるのに合わせて『台湾人生』の本が売れないかと思ったら、在庫はほぼないし、増刷の予定もないという。文庫化を模索していたところ、光文社さんから快く出していただけることになったんです」

 例えば日本軍の志願兵だった蕭(しょう)錦文さんは、「僕たちは日本に捨てられた」と恨み節ながら、何曲も軍歌を口ずさむ。彼らの日本に対する複雑な心情が行間からにじみ出て、胸に迫る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 親日だけではない…混然一体、複雑な台湾の高齢者の心情 酒井充子さん 『台湾人生 かつて日本人だった人たちを訪ねて』

「ライフ」のランキング