産経ニュース

【日曜に書く】祝・オキノタユウの完全復活 〝人間の欲望〟で絶滅寸前に追い込まれた「悲しい歴史」とは 論説委員・長辻象平

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【日曜に書く】
祝・オキノタユウの完全復活 〝人間の欲望〟で絶滅寸前に追い込まれた「悲しい歴史」とは 論説委員・長辻象平

 「沖の大夫」諸氏、長谷川博さん、おめでとう。

 オキノタユウとは2・5メートルほどの長い翼を持ち、時速80キロの高速で海原を飛翔(ひしょう)する大型海洋鳥・アホウドリのことだ。

 長谷川さんは東邦大学名誉教授で、絶滅の危機にあったオキノタユウの復活に全力を注いだ鳥類学者。

 繁殖地の鳥島で長谷川さんが実施した最新の調査によって、今年5月にはオキノタユウの総個体数が、宿願の「5千羽」に達することが確実になった。約40年に及ぶ保全活動で、彼らはついに完全復活とみなせるレベルまでの回復を遂げたのだ。

過去には絶滅宣言も

 オキノタユウは、悲しい歴史を持っている。かつては北太平洋全域に生息していたのだが、明治の半ば以降、激減していった。輸出用の羽毛採取のために捕殺されたのだ。

 彼らの生活の場は海上だが、繁殖期は島で暮らす。直径2・5キロで無人の鳥島は最も規模の大きい繁殖地だった。毎年10月に鳥島に戻って産卵し、ヒナを育て終わった翌春に島を離れる-というライフサイクル。

 その在島中が狙われた。鳥島では、20年足らずのうちに500万羽が犠牲になったのだ。

続きを読む

「ライフ」のランキング