産経ニュース

【話の肖像画】ダウン症の書家・金澤翔子 母・泰子(5)1人暮らしで地元が元気に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ダウン症の書家・金澤翔子 母・泰子(5)1人暮らしで地元が元気に

地元の商店街を歩く翔子さん(右)と母、泰子さん=東京都大田区(桐原正道撮影) 地元の商店街を歩く翔子さん(右)と母、泰子さん=東京都大田区(桐原正道撮影)

 〈思い切って、翔子さんに「ダウン症」とはどういうものか聞くと、笑顔で「赤ちゃん」という答えが返ってきた。泰子さんに説明してもらった〉

 4年前、私も勇気を出して聞いたら、「書道のうまい人かな」と答えていました。翔子は、ダウン症のことは分からない。でも、ほかのダウン症の子のことは、後ろからでもすぐに分かるようです。

 翔子が20歳になったとき、「30歳になったら1人暮らしに挑戦しようね」と話しました。私がいなくなったときのことを考えてです。

 30歳を迎え、近所にアパートを借りました。引っ越し荷物を運び、最後にピンクのスーツケースで家を出たときに、私が「行ってらっしゃい」と言ったら、翔子はこちらを振り向いて、「お母さま、さようならでしょ」と返してきました。以来、翔子は1人暮らし。毎日、買い物も料理もしています。中華料理なども上手。こちらの家には帰ってきません。

 翔子は地元(東京都大田区久が原)が大好きです。米ニューヨークの国連で講演したときは、NHKの取材も受けました。だけど翔子は国連が何か分かっていない。それよりも、地元の公民館で顔見知りの人たちがいるところで、話をするほうが楽しいんですよ。街のお掃除をやったり、お金を握りしめて買い物に行ったり、そっちのほうが翔子にはうれしいんです。

 この間は、交番のおまわりさんに「翔子ちゃんの魔法のつえが、この街にキラキラを降らせてくれました」と言われました。

 地元の商店街はかつてシャッターが目立っていました。だけど翔子はスーパーではなく、商店街の小さなお店に行って買い物するのが好きなんです。そういうお店の人たちが翔子を見守ってくれ、助けてくれます。だから、障害のある翔子の1人暮らしが成り立っているんです。

続きを読む

「ライフ」のランキング