産経ニュース

【編集者のおすすめ】「国体違反」「不敬」「危険図書」…日米両政府から葬られた書 『日本二千六百年史 新書版』大川周明著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
「国体違反」「不敬」「危険図書」…日米両政府から葬られた書 『日本二千六百年史 新書版』大川周明著

『日本二千六百年史 新書版』 『日本二千六百年史 新書版』

 本書に収めたのは昭和14年に刊行された大川周明著『日本二千六百年史』の初版本である。

 同書は発売早々未曽有のベストセラーとなったものの、源頼朝、足利尊氏、徳川家康らをたたえていることから軍部や右翼から「国体違反」「不敬」などの批判が浴びせられ、告発を受理した検察から大幅な削除を命じられた。このため翌年からは改訂版となった。

 敗戦後、その改訂版も大川を戦争の理論的指導者と見做(みな)したGHQから「危険図書」に指定され発禁となる。すなわち同書は日米両政府によって葬られた稀有(けう)な歴史書なのである。

 なお、今回の新書版では、「不敬」として削除された37箇所をあえて復元し、傍線を付すなどして読者の参考に供することにした。

 内容は表題の如く、約2600年にも及ぶ日本の歴史を概観するも、単なる史実の羅列にあらず、一言一句にまで大川独特の英知の息吹をまとわせ、まるで壮大な物語を読み終えたかのような感動を与えてくれる。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング