産経ニュース

【旬のおでかけ】福岡県福津市 一直線の「光の道」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【旬のおでかけ】
福岡県福津市 一直線の「光の道」

宮地嶽神社 宮地嶽神社

 福岡県北部に位置する福津市。今回は、日本最大級の大しめ縄がある宮地嶽(みやじだけ)神社に立ち寄ってみました。

 神社本殿に向かう階段を上り切り、後ろを振り返ると、海に向かって一直線に伸びる参道が見られます。この参道と沈む夕日が一直線に並ぶ風景は、人気グループ嵐のメンバーを起用したCMで「光の道」として取り上げられ、有名になりました。この現象は、2月と10月にしか見られません。この2月は、17~25日頃が見頃とのことです。

 宮地嶽神社には大しめ縄のある本殿のほかに、「奥之宮八社」と呼ばれる社があります。一社一社をお参りすれば大願がかなうとか。ゆっくりお参りされてみてはいかがでしょうか。

 参拝の楽しみに欠かせないのが「宮地嶽の松ケ枝餅」。門前町には、松ケ枝餅が焼ける甘い香りが広がっています。中は柔らかく、表面はパリッとした小豆あんのお餅です。表面には宮地嶽神社の神紋である「三階松」の焼き印が付いています。松ケ枝餅を扱うお店は複数あるので、食べ比べてもいいかもしれません。

                   

 ≪観≫「宮地嶽神社」((電)0940・52・0016)は17~25日に「夕陽のまつり」を開催。一般席(無料)は、先着400人に階段が解放される。午後2時から整理券が配布され、5時頃から席に案内される。祈願特別席は初穂料として5000円、4時頃からの祈願と席付き。毎日120人程度。ホームページで確認を。JR福間駅からタクシーで約5分。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

このニュースの写真

  • 福岡県福津市 一直線の「光の道」

「ライフ」のランキング