産経ニュース

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】『いやいやえん』(下)子供が子供らしく生きる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】
『いやいやえん』(下)子供が子供らしく生きる

cYuriko Yamawaki 1998,2001,2011 cYuriko Yamawaki 1998,2001,2011

 私がこれまで出会ってきた子供たちに『いやいやえん』を読むと、子供たちは皆、主人公のしげるを面白がり、好きになりました。

 しかし、彼のような子供は大人にとって手がかかる、大人を困らせる問題児と呼ばれてしまうのかもしれません。世間から問題児と見なされると、当の子供よりも、親の方が「なぜ、周りと同じことができないの」「自分の育て方が悪いのか」と困惑しがちです。

 これに対し、作者の中川李枝子さんは著書『子どもはみんな問題児。』(平成27年、新潮社)でこう語っています。「どの子もみんなすばらしい問題児」「子どもらしい子どもは、ひとりひとり個性がはっきりしていて、自分丸出しで堂々と毎日を生きています。それで大人から見ると、世間の予想をはみ出す問題児かもしれません。だからこそ、かわいいのです」と。

 『いやいやえん』には、時代は移り変わっても変わらない子供の本質や、本当の子供の姿や世界が描かれています。それは、中川さんが傍観的に観察した子供の世界を描いたのではなく、子供とともにある暮らしの中で、子供の内側から子供の世界を再発見し、驚き、味わっているからでしょう。中川さんの作品には、子供たちから聞こえてくる声があふれています。

続きを読む

「ライフ」のランキング