産経ニュース

氷上を歩くハクチョウ 厳しい冷え込みで盛岡の池が凍結

ライフ ライフ

記事詳細

更新


氷上を歩くハクチョウ 厳しい冷え込みで盛岡の池が凍結

凍結した池を歩くハクチョウたち=9日午前、盛岡市(石田征広撮影) 凍結した池を歩くハクチョウたち=9日午前、盛岡市(石田征広撮影)

 ハクチョウの飛来地として知られる盛岡市の高松の池で9日、凍結した池をハクチョウがよたよた歩く姿が見られた。

 この日の盛岡市の最低気温は氷点下8・4度で、平年を2・8度下回った。高松の池は約9割が結氷し、湧き水でわずかに残った池西側の水面を求めてハクチョウが氷上を移動した。

 かつてスケート場として開放されていた高松の池は例年氷が張る。しかし、管理を市から委託されている会社によると「氷が張っても厚さが2~5センチの薄氷。今年は約10センチある。こんな厚氷が広範囲に張るのは5年ぶりだ」という。

「ライフ」のランキング