産経ニュース

【ゆうゆうLife】医療・介護報酬改定 「かかりつけ医機能」充実 外来も訪問もする医師評価

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
医療・介護報酬改定 「かかりつけ医機能」充実 外来も訪問もする医師評価

深澤立医師(左)が最初に受け持った末期がんの患者は、病院では点滴だけだったが、家ではカレーライスを食べられたという=横浜市都筑区の深澤りつクリニック 深澤立医師(左)が最初に受け持った末期がんの患者は、病院では点滴だけだったが、家ではカレーライスを食べられたという=横浜市都筑区の深澤りつクリニック

 病院や診療所にかかったときの治療費や薬代、検査費などの価格にあたる診療報酬が、4月から変更される。厚生労働省は、紹介状なしで大病院を受診したときの患者負担を拡大する一方、「かかりつけ医機能」を充実。「外来」にも「訪問」にも対応する医療機関の評価を引き上げる。患者の生涯を通じて伴走するかかりつけ医を増やしたい考えだ。(佐藤好美)

 「かかりつけ医機能」は、身近な開業医らが、日頃の外来診療や食生活の指導▽がん検診の勧奨▽大病院への紹介▽在宅医療や介護職と連携-することなどを指す。

 厚生労働省は4年前の診療報酬改定で、かかりつけ医機能を評価する仕組みを作った。だが、要件の1つの在宅医療の提供などによる「24時間対応」がハードルになっており、この報酬を受ける医療機関は診療所の5%程度にあたる約5500カ所(平成28年)にとどまっていた。

 このため、今回の改定では要件を緩和。24時間対応は、他の医療機関との連携で確保しても良いこととし、連携した場合の報酬を新設した。

続きを読む

「ライフ」のランキング