産経ニュース

ツキノワグマ、岩手で狩猟開始前倒しに 東北で初、11月1日から シカ・イノシシの狩猟現場で発砲できず

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ツキノワグマ、岩手で狩猟開始前倒しに 東北で初、11月1日から シカ・イノシシの狩猟現場で発砲できず

 平成30年度から岩手県内のツキノワグマの狩猟開始が現行の11月15日からニホンジカやイノシシと同じ11月1日に前倒しし、狩猟期間もこの分延長される見通しになった。岩手県環境審議会自然・鳥獣部会が6日、狩猟期間を11月1日~翌年2月15日とする県の延長案を了承した。

 野生鳥獣の狩猟期間は国の鳥獣保護管理法で基本的には11月15日~翌年2月15日。東北6県のツキノワグマの狩猟期間も準拠してきた。狩猟開始の前倒しと狩猟期間延長が実現すれば東北で初。県内では28年度、ツキノワグマによる人身被害が17件19人を数え、農業被害が45・4ヘクタールで3467万円に上っていた。

 一方、狩猟開始がすでに11月1日のニホンジカとイノシシの狩猟現場にツキノワグマが出没、発砲できずに狩猟者が負傷した事例もあり、安全確保も急務。県の延長案は狩猟現場の強い要望を受けたもので、6月の県環境審議会を経て、9月に正式に決まる見込み。

関連ニュース

「ライフ」のランキング