産経ニュース

【原発最前線】炉内の数値に誤り、40年以上も 再稼働へ難題続く東海第2原発

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【原発最前線】
炉内の数値に誤り、40年以上も 再稼働へ難題続く東海第2原発

日本原子力発電の東海第2原発=茨城県東海村 日本原子力発電の東海第2原発=茨城県東海村

 日本原子力発電が再稼働を目指す東海第2原発(茨城県)で、原子炉内の燃料棒の位置を示すデータが40年以上前から誤っていたことが発覚し、原電に厳しい視線が注がれている。「安全への影響は大きくないが、原電の信頼性への影響は大きい」と規制委の担当者。東海第2は新規制基準への適合性と運転延長の審査中で、さらに工事計画認可なども合わせ今年11月までにすべて合格しなければ「廃炉」の運命。データ誤りの調査には1カ月かかるとしており、厳しさが増した格好だ。(社会部編集委員 鵜野光博)

燃料「変更」反映されず

 「規制委員としても本件を非常に重要視している。事業者として40年間、重要な燃料有効長の位置が誤って記載されていて、いろんな評価に2種類の値が使われ、規制庁からの指摘で見つかったというのは、極めて重大なことと認識している」

 1月23日の審査会合で、規制委の山中伸介委員はこう苦言を呈した。

 原電の説明によると、1月15日、規制委から「原子炉水位に一部不整合があるのではないか」と連絡が入った。原電が調べた結果、原子炉内の燃料棒の最上部の位置を示す数値が「9203ミリ」と「9152ミリ」の2種類あることが分かった。正しいのは9203ミリだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 炉内の数値に誤り、40年以上も 再稼働へ難題続く東海第2原発
  • 炉内の数値に誤り、40年以上も 再稼働へ難題続く東海第2原発
  • 炉内の数値に誤り、40年以上も 再稼働へ難題続く東海第2原発

「ライフ」のランキング