産経ニュース

【聞きたい。】石井遊佳さん 『百年泥』 流れゆく世界を言葉の力で描く

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
石井遊佳さん 『百年泥』 流れゆく世界を言葉の力で描く

芥川賞作家の石井遊佳さん 芥川賞作家の石井遊佳さん

 「あれよあれよという間に身辺が激変して、忙しさの渦に巻き込まれています」。デビュー小説となる本作が1月に芥川賞を射止め、暮らしているインドから数カ月ぶりに帰国した。

 物語の主人公は多重債務を抱え、インドのIT企業で日本語教師として働くことになった女性。現地は100年に1度の大洪水に見舞われ、街に川底にあった泥が流出する。腐臭を放つ泥の山から顔を出す雑多な品々に導かれるように、自らの記憶やさまざまな人々の人生を追体験する主人公の様子が、現実と幻想を交えてつづられていく。

 「大洪水も実際に経験し、3日間家から出られなかった。体験したこと、思ったことすべてが詰まった小説。天に助けられたところがある」。自らも3年前からベンガル湾をのぞむチェンナイのIT企業で現地社員に日本語を教える。400万都市の混沌(こんとん)、日本語を学ぶ社員とのかみ合わないユーモラスな会話…。魅力的な挿話と、大学院時代に学んだという仏教的な思想が混ざり合う物語には、生者も死者もすべて包み込むおおらかさが漂う。

 「いろんな人とかかわり合う中でこの私は形づくられる。瞬間瞬間に姿を変えていく『流れ』として仮に私たちの前に置かれているのがこの世界。そういうあり方を、言葉の力を最大限に発揮して描きたい」

続きを読む

このニュースの写真

  • 石井遊佳さん 『百年泥』 流れゆく世界を言葉の力で描く

「ライフ」のランキング