産経ニュース

【書評】「酒場らしい酒場」の100年をたどる 『バー「サンボア」の百年』新谷尚人著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
「酒場らしい酒場」の100年をたどる 『バー「サンボア」の百年』新谷尚人著

『バー「サンボア」の百年』新谷尚人著 『バー「サンボア」の百年』新谷尚人著

 大正7(1918)年、神戸でミルクホールとして産声を上げ、後に洋酒を提供して改名したバー「サンボア」。以来、創業者からのれん分けを許された者と店で修業した者がそのDNAを継ぎ、現在大阪、京都、東京に14店ある。

 本書は銀座などの3店を営む著者が関係者の記憶、資料などからサンボア百年の足跡を丹念にたどったもの。「酒場らしい酒場」と愛した作家、山口瞳らさまざまな客、バーテンダーらの「喜怒哀楽の人間模様」は読み応えがある。

 主要人物一覧、年表、系図、各店案内まで、あふれるサンボア愛…。読後、一杯飲みたくなった。(白水社・2000円+税)

「ライフ」のランキング