産経ニュース

【将棋】「普段通りに臨めた」中学生初の昇級・昇段の藤井新五段、記録部門四冠も独占中

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋】
「普段通りに臨めた」中学生初の昇級・昇段の藤井新五段、記録部門四冠も独占中

名人戦・順位戦の対局に勝利し昇段を決めた藤井聡太(右)=1日、東京都渋谷区(撮影・春名中) 名人戦・順位戦の対局に勝利し昇段を決めた藤井聡太(右)=1日、東京都渋谷区(撮影・春名中)

 「普段通りの気持ちで臨めた」。1日夜、将棋の名人戦順位戦C級2組で梶浦宏孝四段(22)を破った最年少プロの藤井聡太新五段(15)。史上初となる中学生でのC級1組、五段昇段を決めても落ち着いた表情で淡々と語った。

 この日の対局の舞台は東京・千駄ケ谷の将棋会館。序盤は一進一退の展開だったが、夕食休憩明け以降、後手の藤井新五段が徐々に形勢を良くし勝利した。注目の一局とあって、別の部屋で順位戦A級を戦っていた日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(48)や屋敷伸之九段(46)らが、対局中に何度か部屋を訪れる場面もあった。

 藤井新五段は「昇級を目指して戦ってきたので、それが果たせたのはとてもうれしい」としながらも、「最終戦が残っているので全力で指したい」と気を引き締めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「普段通りに臨めた」中学生初の昇級・昇段の藤井新五段、記録部門四冠も独占中
  • 「普段通りに臨めた」中学生初の昇級・昇段の藤井新五段、記録部門四冠も独占中
  • 「普段通りに臨めた」中学生初の昇級・昇段の藤井新五段、記録部門四冠も独占中

関連ニュース

「ライフ」のランキング