産経ニュース

【第89期棋聖戦予選トーナメント】稲葉八段がブロック予選決勝進出 2次予選

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第89期棋聖戦予選トーナメント】
稲葉八段がブロック予選決勝進出 2次予選

 10連覇を達成した将棋の羽生善治棋聖(47)=竜王=の挑戦者を決める第89期棋聖戦2次予選トーナメントは31日、大阪・関西将棋会館で、北浜健介八段(42)-稲葉陽八段(29)戦が行われ、稲葉八段が勝ち、ブロック予選決勝に駒を進めた。稲葉八段は決勝トーナメント進出を懸けて、澤田真吾六段(26)-大橋貴洸四段(25)戦の勝者と対戦する。

 北浜八段は神奈川県海老名市出身、佐伯昌優九段門下。平成6年、四段。25年、八段。今年度成績は15勝10敗(0.600)、通算成績は493勝366敗(0.574)。

 稲葉八段は兵庫県西宮市出身、井上慶太九段門下。平成20年、四段。28年、八段。タイトル戦登場は1回、棋戦優勝は1回。今年度成績は20勝16敗(0.556)、通算成績は266勝125敗(0.680)。

 対戦成績は稲葉八段の2勝0敗。本棋戦では初顔合わせとなる。

 振り駒の結果、北浜八段の先手で開始。北浜八段は中飛車とし、対する稲葉八段は居飛車に。北浜八段は玉を1九に潜らせ、稲葉八段は高美濃で対抗。その後、稲葉八段は馬を作ることに成功し、攻めを続けた。飛車角交換となり、激しい局面が続いた。最後は稲葉八段が北浜八段の穴熊を攻略。午後4時37分、98手で北浜八段が投了した。持ち時間各3時間で、消費時間は北浜八段2時間53分、稲葉八段2時間10分。

 勝った稲葉は2次予選決勝進出を決めた。

「ライフ」のランキング