産経ニュース

受動喫煙対策 「客足に影響」「改装経費もかさむ」…困惑の飲食店も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


受動喫煙対策 「客足に影響」「改装経費もかさむ」…困惑の飲食店も

喫煙ルームが設けられている居酒屋=30日午後、東京・銀座の「炉ばたや 銀政」(松本健吾撮影) 喫煙ルームが設けられている居酒屋=30日午後、東京・銀座の「炉ばたや 銀政」(松本健吾撮影)

 健康増進法改正案の骨子は、当初案に比べ喫煙可能範囲が広がった。例外となる店舗の詳細は今後の議論を待つ必要がありそうだが、改装を求められる飲食店の負担は大きい。喫煙者と非喫煙者の相反する要望に応えなければならない飲食店の関係者からは、困惑の声が上がった。

 「客足に影響が出るのではないか」。1階と2階合わせて62席を全席喫煙可能で営業しているという仙台市宮城野区の「居酒屋ごいち」の店長、山谷拓郎さん(29)は頭を抱える。

 「メーンのお客さんは30~60代のサラリーマン。ほぼ喫煙者で席の数よりも灰皿を多くしている」。店舗面積はちょうど150平方メートルほどで、対策が必要になる可能性もある。「喫煙スペース分の席数を減らさなければならず、現実的ではない。『たばこを何とかして』と苦情を受けることもあるが、居酒屋である以上、配慮にも限界がある」

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング