産経ニュース

BGMで地下鉄電車内を「快適に」 東京メトロ、日比谷線で試験放送開始

ライフ ライフ

記事詳細

更新


BGMで地下鉄電車内を「快適に」 東京メトロ、日比谷線で試験放送開始

東京メトロ日比谷線13000系 東京メトロ日比谷線13000系

 東京メトロは29日、日比谷線の一部電車内でクラシック音楽などを用いたBGMの試験放送を始めた。特急ではなく、一般的な通勤電車では国内初の試みという。乗客の反応を踏まえ本格実施を検討する。東京メトロは「快適な車内空間を演出したい」としている。

 試験放送に使う電車は、昨年3月から同線を走る新型の13000系。ショパンの「ノクターン」などのクラシック音楽3曲と、ヒーリング音楽3曲を日中時間帯の2往復で流す。

 同系には高音質のスピーカーが設置され、車内放送設備の点検やイベント時に音楽を流せる。昨年7月、運行中に誤って音楽を流してしまったが、好意的な意見が寄せられ、導入を検討するきっかけになった。

 試験放送では、ボリュームを車内アナウンスの8割程度に設定。乗客の女性(37)は「この程度の音量なら邪魔にならない。地下鉄は景色が見えないし、癒やしの音楽を楽しめるのはいいと思う」と話した。

「ライフ」のランキング