産経ニュース

JAXA、衛星「しきさい」の画像公開 雲や海氷を鮮明に撮影

ライフ ライフ

記事詳細

更新


JAXA、衛星「しきさい」の画像公開 雲や海氷を鮮明に撮影

気候変動観測衛星「しきさい」が撮影し合成されたオホーツク海周辺の画像(JAXA提供) 気候変動観測衛星「しきさい」が撮影し合成されたオホーツク海周辺の画像(JAXA提供)

 昨年12月に打ち上げた気候変動観測衛星「しきさい」が撮影した画像を宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公開した。地球温暖化の仕組みの解明に役立つ鮮明な地球の画像を捉えた。

 オホーツク海周辺を撮影し合成した画像は海氷を青、氷の粒でできた雲を薄い水色、水滴でできた雲を白で表現。大陸からの冷たい季節風によって生じた海氷が、樺太東岸など沿岸の広範囲に分布している様子が250メートルの高解像度で分かる。

 しきさいは高性能の光センサーで大気中の雲やちり、地上の植生などを幅広い波長帯で観測。別の画像では大気中のちりが多い地域、常緑樹と落葉樹といった植生の違いなどが判別できたという。

 開発を統括したJAXAの杢野(もくの)正明プロジェクトマネージャは「温暖化の監視や予測に加え、生活に密着した分野にも貢献したい」と話している。(草下健夫)

関連ニュース

「ライフ」のランキング