産経ニュース

【手帖】エブリスタで第1回氷室冴子青春文学賞募集中

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【手帖】
エブリスタで第1回氷室冴子青春文学賞募集中

氷室冴子さん 氷室冴子さん

 「なんて素敵(すてき)にジャパネスク」シリーズなど、少女小説で人気のあった作家、氷室冴子さんが51歳でこの世を去って10年。出身地の北海道岩見沢市で氷室冴子青春文学賞が創設され、小説投稿サイトの「エブリスタ」で募集が始まった。

 この文学賞は、氷室さんが手がけたような若い魂を揺さぶる小説を発掘し、物語の可能性を広げていくことを目指すもので、地元の有志が設立した氷室冴子青春文学賞実行委員会が主催する。「青春」の要素を含んだ小説で、文字数は2万~6万文字(400字詰め原稿用紙50~150枚)。年齢、性別、職業、国籍は問わない。応募期間は3月15日までで、映画・演劇プロデューサーの伊藤亜由美さん、小説家の久美沙織さん、辻村深月さんが審査員を務め、7月前半に大賞1作品、準大賞1作品が決定する予定。授賞式は同13日に岩見沢市で開催される。

 ユニークなのは、応募はすべてエブリスタ上で行うこと。通常のエブリスタ投稿機能のほか、今回はワードでの投稿も可能だが、郵送などでは受け付けない。エブリスタ(本社・東京都渋谷区)によると、「今まさに書いている小説を応募したい」とツイッターに書き込むなど、楽しみにしている人は多い。

続きを読む

「ライフ」のランキング