産経ニュース

福島原発1号機のがれき撤去始まる 平成33年度中の終了目標

ライフ ライフ

記事詳細

更新


福島原発1号機のがれき撤去始まる 平成33年度中の終了目標

がれき撤去作業が始まった東京電力福島第1原発1号機(東電提供) がれき撤去作業が始まった東京電力福島第1原発1号機(東電提供)

 東京電力福島第1原発1号機で、水素爆発により崩落した原子炉建屋の屋根などの撤去作業が始まった。これらのがれきは使用済み核燃料プールに残る燃料集合体の取り出しの障害となっている。東電は平成33年度中の終了を目指すが、ひしゃげた天井クレーンなどの巨大なものもあり難航が予想される。

 作業は22日に開始。現場は放射線量が高いため、重機でつり下げたさまざまな装置を遠隔操作して撤去を進める。

 使用済み燃料の取り出しについては、4号機が26年12月に完了。3号機は30年度半ばの着手に向けて取り出し用の建屋カバーが完成間近。1、2号機は35年度の開始を目指している。

「ライフ」のランキング