産経ニュース

「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る

2016年に刊行されたMMR最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機!!」(石垣ゆうきさん作) 2016年に刊行されたMMR最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機!!」(石垣ゆうきさん作)

 「MMR マガジンミステリー調査班」という漫画をご存じだろうか。週刊少年マガジン(講談社)に不定期連載され、世界の超常現象や陰謀論、はたまた「ノストラダムスの大予言」などを検証した作品で、世紀末を控えた1990年代には一部に熱狂的な読者がいた。「MMRは、ある種の“黒歴史”です」。主人公のモデルで漫画原作者の樹林伸(きばやし・しん)さん(55)は苦笑いしつつ、今だから明かせる秘話を語る。

僕はあんな人間じゃない

 樹林さんといえば、「金田一少年の事件簿」シリーズを筆頭に、怪事件を扱った「サイコメトラーEIJI」、“ヤンキー”が政治の道を歩み出す「クニミツの政」、さらにはサッカーがテーマの「エリアの騎士」…と代表作の枚挙にいとまがない漫画原作者だ。ワインを扱った「神の雫」は、ロングセラー。

 その樹林さんが「黒歴史」と語る漫画「MMR」は、90年に週刊少年マガジンで始まった。作者は漫画家の石垣ゆうきさん。主人公はマガジン編集部の編集者という設定で、実在の編集者をモデルにした。樹林さんも当時、講談社の編集者で、MMRのリーダー「キバヤシ」のモデルになった。キバヤシは、同僚の編集者らとともに世界の超常現象などを科学的見地から検証する。

 この作品、なんといっても、特筆すべきは、その「うさん臭さ」だ。キバヤシは、さまざまな資料や証言から論理を飛躍させ、最終的には「このままでは人類は滅亡する!」と警鐘を鳴らす。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る
  • 「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る
  • 「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る

「ライフ」のランキング