産経ニュース

【草津白根山噴火】噴火口は鏡池北東か 専門家が噴気孔を確認

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【草津白根山噴火】
噴火口は鏡池北東か 専門家が噴気孔を確認

スキー客が撮影した、噴火した本白根山の噴煙=23日午前、群馬県草津町 スキー客が撮影した、噴火した本白根山の噴煙=23日午前、群馬県草津町

 草津白根山の本白根山の噴火で、国土交通省の調査に同行した火山の専門家は24日、映像を分析した結果、本白根山の鏡池の北東方向に噴気孔を確認したと明らかにした。これが今回の噴火口の可能性が高いとみている。

 調査に同行した国立研究開発法人「産業技術総合研究所」の活断層・火山研究部門の及川輝樹氏によると、鏡池北東のくぼ地の縁付近から噴気が上がっているのを確認したといい、これが噴気孔で、噴火口の1つとみられるという。

 噴気孔は直径数十メートルとみられ、及川氏は「火山噴火としては大きなものではない」と説明した。

 ただ、小さな火口が開いた形であることから、今後の噴火については、「今までの経験則が当てはまるとは限らない」と語った。

関連ニュース

「ライフ」のランキング