産経ニュース

仏料理の巨匠ポール・ボキューズ氏死去、91歳

ライフ ライフ

記事詳細

更新


仏料理の巨匠ポール・ボキューズ氏死去、91歳

ポール・ボキューズ氏(AP) ポール・ボキューズ氏(AP)

 【ローザンヌ=三井美奈】フランスメディアによると、仏料理界の大御所、ポール・ボキューズ氏が20日、死去した。91歳だった。長年、パーキンソン病を患っていた。

 フランス・リヨン郊外に生まれ、10代で見習いとして料理界に入った。1950年代に生家のレストランを継ぎ、65年にミシュランの三つ星を獲得した。重いソースが主流だった仏古典料理界で、素材そのものを生かした「ヌーベルキュイジーヌ(新しい料理)」の新風を吹き込んだ1人で、「料理界のフランス大使」と呼ばれた。

 1970年代、料理人として初めてフランス最高勲章レジオン・ド・ヌールを受章。ジスカールデスタン大統領(当時)に捧げるトリュフのスープは代表的料理となった。

 マクロン大統領は20日の声明で、「ボキューズ氏は、フランス美食文化を体現していた」として追悼の意を表明した。

このニュースの写真

  • 仏料理の巨匠ポール・ボキューズ氏死去、91歳
  • 仏料理の巨匠ポール・ボキューズ氏死去、91歳
  • 仏料理の巨匠ポール・ボキューズ氏死去、91歳
  • 仏料理の巨匠ポール・ボキューズ氏死去、91歳
  • 仏料理の巨匠ポール・ボキューズ氏死去、91歳

「ライフ」のランキング