産経ニュース

【話の肖像画】元プロ野球阪急選手ロベルト・バルボン(1) 力道山にものすごう怒られた

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
元プロ野球阪急選手ロベルト・バルボン(1) 力道山にものすごう怒られた

ロベルト・バルボン氏(沢野貴信撮影) ロベルト・バルボン氏(沢野貴信撮影)

 〈ソフトバンクのデスパイネ、中日から巨人へ移籍したゲレーロら現在、日本のプロ野球で活躍するキューバ人選手は多い。先駆けとして東京・羽田空港へ降り立ったのは昭和30年3月18日。言葉や食べ物、気候と何もかも異なる極東の地で、波乱とドラマに満ちあふれた野球人生が幕を開けた〉

 あの時代、まだジェット機はなかったから、首都ハバナからアメリカのマイアミ、シカゴ、カリフォルニア、ハワイを経由して3日間かかったわ。まあ(日本は)寒かった。それから阪急(現オリックス)のチームに合流したが、寒さでほんま練習できへん。グラウンドではずっと火鉢の横ばっかりや。

 食べ物も日本で口に合うもんは少なく、ケチャップ味のチキンライスばかり食べていた。すき焼きはOKやったな。箸はずいぶん使えるようになったけど、刺し身やすしといった生魚は今でもダメ。

 通訳はなかった(笑)。言葉は通じなくても野球のやり方はだいたい分かるわな。日本語は試合のない日、本拠地の西宮球場(兵庫県西宮市)に近い阪急の西宮北口駅で朝から晩まで改札に立ち、駅員の友達作ってしゃべって覚えたわ。市内の市場にも行き、「これは何?」と品物の名を聞きながら買い物をして、店員さんに言葉を教えてもらった。

 実は(母国語の)スペイン語と日本語は発音が似た言葉がいっぱいあるわ。例えば日本語のバカはスペイン語の牛、アホはニンニクとかな。そうやって単語から覚えたけど、日本語をまあまあ使えるようになるまでは2、3年かかった。

 阪急での愛称「チコ」はスペイン語で坊や、男の子という意味。チームのみんながバルボンといいにくそうだったので、僕から頼んだ呼び名や。

 〈人気プロレスラー、力道山の試合を「八百長」と言ってしまい、本人に怒鳴り込まれたことも。チームメートのいたずらで『八百長=好試合』とウソを吹き込まれたのが原因だとか〉

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング