産経ニュース

【センター試験】トイレ使えず1時間繰り下げ 再試験対象者は2日間で141人に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【センター試験】
トイレ使えず1時間繰り下げ 再試験対象者は2日間で141人に

大学入試センター試験の会場に向かう受験生たち=14日午前、長野市 大学入試センター試験の会場に向かう受験生たち=14日午前、長野市

 大学入試センター試験は2日目の14日、理科と数学が実施され、全日程が終了した。センターによると、山口県の会場で給水設備の故障によりトイレが一時使えなくなり、午後1時40分からの数学を会場全体で1時間遅らせた。このほか交通機関の乱れで、福島県と福井県の3会場8人に50~60分の繰り下げ措置が取られた。不正行為は2日間に京都府や東京都などの4会場で分度器の使用など計4件があり、受験生4人を全科目無効とした。

 トイレが使えなくなったのは、県立岩国高校(岩国市)。水が流れないことが午前中に判明し、消防の給水車を要請したほか、水の流れる体育館のトイレを利用させた。志願者ベースで644人に影響が出た。

 試験室や個人単位の繰り下げも含め、2日間に計30会場で繰り下げ措置が取られた。

 再試験の対象者は、13日の英語で新たに43人が判明。大阪学院大(大阪府吹田市)で受験生1人が嘔吐(おうと)した際、試験室全体で中断すべきところ監督者が続行した。14日は愛媛大城北(松山市)で監督者のミスにより試験時間が2分不足した93人が対象となり、2日間で計141人となった。

「ライフ」のランキング