産経ニュース

【センター試験】地学基礎、大問数減、題材に随筆も 2日目

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【センター試験】
地学基礎、大問数減、題材に随筆も 2日目

 【地学基礎】昨年から大問数が1減の3問になったが、解答数15は変更なく、難易度も昨年並み。図やグラフに基づく考察問題が例年通り多く出題された。寺田寅彦の随筆「茶碗の湯」を題材に、大気・海洋、地質、地球環境などの幅広い知識を問う問題が目新しく、横断的な勉強が求められるものだった。計算問題は、緊急地震速報からS波到達までの時間を計算させる1問のみだが、複数の解答ステップが必要で、手際よく計算することは難しかっただろう。(ベネッセ・駿台)

「ライフ」のランキング