産経ニュース

【聞きたい。】「光って見える本」が満載 辻山良雄さん『365日のほん』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
「光って見える本」が満載 辻山良雄さん『365日のほん』

 東京・荻窪の書店「Title(タイトル)」店主の辻山良雄さんが春夏秋冬、季節別に計365冊を選んだブックガイド。えりすぐったラインアップ。ポケットサイズながらハードカバーのデザイン、表紙や文中のどこかホッとするイラスト、紙の色使い、質感…。本へのこだわりを感じさせる一冊だ。

 「手元に置いて、好きな時に読んで、自分と響き合うもの、その人がより豊かになれるような本を選んでもらえたら。1万冊くらいある店のベスト版のようなものでしょうか」

 「季節の一般的なイメージ」や、東日本大震災(3月)、戦争(8月)も踏まえ、「時間がたっても古びない、本質的なことを書いているもの」を選んだ。幅広いジャンル、『方丈記』などの古典から昨年刊行のアート本まで、ページを開いてのお楽しみだ。

 それぞれ、本文200字前後で紹介。たとえば、1月の『女たちよ!』(伊丹十三)は〈この洒脱(しゃだつ)なエッセイは、ほどよく嫌味(いやみ)なところがよい。真正の都会人には確固たるスタイルがある。〉(全文)など社会、文明批評的な視点も。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「光って見える本」が満載 辻山良雄さん『365日のほん』

「ライフ」のランキング