産経ニュース

【第30期女流名人戦】本戦2回戦第1局(上)小西ペースが一転ピンチに

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第30期女流名人戦】
本戦2回戦第1局(上)小西ペースが一転ピンチに

小西和子八段 小西和子八段

 「白42は右下黒からのワタリを拒否した手ですがやや重い感じで、Aのトビが普通と思います。黒も45ツケではBにじっとノビ、白Cなら黒から48にボウシくらいで黒が打てそうです」と解説するのは今村俊也九段。続けて「本譜は白にうまくはぐらかされた感じで、白72の時点ではコミガカリの形勢でしょう」と見立てた。

 差を詰めるべく、黒は73から左上で動いた。井澤四段の気合に押されたのか、左辺白78サガリが地として小さかった。この手に代え参考図、白1と中央を補強しておけば白十分。この一着で黒a、白b、黒cのデギリの筋を防いでいるし、白からは後に白イ、黒ロ、白ハとして中央をふっくらさせる順も生じ、本譜よりはまさったようだ。

 この手を境に井澤四段が反撃に転じる。白118では平凡に119に打っていれば、まだ白がよかった。実戦は黒121とされ、中央左の白一団の眼形が不安で流れが変わった。小西八段はピンチをどうしのぐか。(古作登)

このニュースの写真

  • 本戦2回戦第1局(上)小西ペースが一転ピンチに
  • 本戦2回戦第1局(上)小西ペースが一転ピンチに

関連ニュース

「ライフ」のランキング