産経ニュース

【第30期女流名人戦】本戦2回戦第1局(上)小西ペースが一転ピンチに

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第30期女流名人戦】
本戦2回戦第1局(上)小西ペースが一転ピンチに

小西和子八段 小西和子八段

 黒 四 段 井澤 秋乃

 白 八 段 小西 和子

 【1~121】持ち時間各3時間

 先番(黒)6目半コミ出し

 小西和子八段(45)は1回戦で、向井千瑛(ちあき)五段(30)を下して2回戦に進出してきた。得意の「地にからい碁」で相手の攻めをいなしての勝利に、自信を深めたことだろう。

 本局(昨年10月26日)は小西八段の本拠である関西棋院(大阪市中央区)で打たれたが、井澤秋乃四段(39)も出身はお隣の奈良県だ。平成10年に入段したときは日本棋院関西総本部所属で、高梨聖健八段(46)との結婚に伴い23年、東京本院に移籍した。

 「井澤さんは対局以外にテレビ解説の聞き手でも人気があります。また、若手のための棋戦創設をバックアップするなど、全国を飛び回って棋界を支えています」と高段棋士は評価する。

 先番の井澤四段は流行の星と小目から大ゲイマジマリを採用。一方の小西八段は右辺に白6とワリウチし、ゆっくりした展開を目指した。右上で三々に入ったのも、小西八段の棋風に忠実な打ち回し。白32まで二線を3本はってつらいようにも感じるが、白34と構えれば黒の厚みは働きにくいとみている。右下白40の打ち込みは好点。このあたり、控室にいた関西棋院の先輩棋士から「こにたん」の愛称で応援されている小西八段ペースに思われた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 本戦2回戦第1局(上)小西ペースが一転ピンチに
  • 本戦2回戦第1局(上)小西ペースが一転ピンチに

関連ニュース

「ライフ」のランキング