産経ニュース

【フード 食・名店】熟成で醸す赤身のうまみ ウルフギャング・ステーキハウス六本木店

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【フード 食・名店】
熟成で醸す赤身のうまみ ウルフギャング・ステーキハウス六本木店

サーロインとフィレが一度に楽しめるボリューム満点の「プライムステーキ」(2人分・1万6000円~)。女子だけの“肉会”でも大人気 サーロインとフィレが一度に楽しめるボリューム満点の「プライムステーキ」(2人分・1万6000円~)。女子だけの“肉会”でも大人気

 「赤身・熟成・塊」をキーワードに、日本で続く牛肉ブーム。その波に乗って海外の有名ステーキ店が続々と上陸し、東京・六本木は激戦区と化している。本場、米・ニューヨーク発祥の「ウルフギャング・ステーキハウス」は、その先駆けとして知られている。(榊聡美)

風を当て28日間も

 熱々の大皿を手に、スタッフがホールを行き交う。分厚いステーキが奏でる食欲をそそる音で、店内は活気にあふれている。

 米国で人気の「ウルフギャング・ステーキハウス」の国外初出店として、六本木にオープンしたのは4年前。米国産の赤身を使った熟成肉のステーキは、“霜降り好き”の日本人の舌をもとりこにした。

 扱うのは、米国農務省(USDA)の格付けで最高ランクである「プライム」グレードの希少な牛肉。米国で加工された塊肉を冷凍せず冷蔵で空輸し、店内の熟成庫へ。温度・湿度を管理し、風を当てながら28日間かけて熟成させる。ドライエイジング(乾燥熟成)と呼ばれる方法だ。酵素の働きで肉質がやわらかくなり、タンパク質が分解されて、うまみ成分であるアミノ酸が増す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 熟成で醸す赤身のうまみ ウルフギャング・ステーキハウス六本木店
  • 熟成で醸す赤身のうまみ ウルフギャング・ステーキハウス六本木店
  • 熟成で醸す赤身のうまみ ウルフギャング・ステーキハウス六本木店

関連ニュース

「ライフ」のランキング