産経ニュース

【ペットと暮らす 獣医師からのアドバイス】(67)ストレスを少なくするしつけ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ペットと暮らす 獣医師からのアドバイス】
(67)ストレスを少なくするしつけ

 動物病院では、いろいろな性格の犬たちと接します。玄関に入るときから勇ましい様子のワンちゃんや、臆することなく自ら診察室に入ってくるワンちゃんは、見ていて安心です。一方、診察室から一目散に逃げ出したり、ほかの犬にほえたりする、落ち着かないワンちゃんもいます。

 おびえたり、ほえたりするときは大きなストレスを抱えています。外が怖い、知らない人間や犬が怖い、病院は痛いことをされる…など、恐怖心がストレスの原因です。ストレス後の症状として、嘔吐(おうと)や下痢のほか、隅に隠れたり、攻撃的になったりします。

 では、動物病院に行く時などにストレスを感じさせないためには、どうしたらよいでしょうか? 生後3カ月までの社会化の時期に、兄弟犬とのコミュニケーションを取らせることが大事です。この頃は新しいものに対する警戒心をあまり抱きません。ワクチン接種のために来院する犬たちを見ていると、ワクチンプログラムが終了した後の生後4、5カ月から、いろいろな物に対する警戒心や恐怖心を持ちはじめてくるようです。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング