産経ニュース

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】『いやいやえん』(上)子供が子供らしく生きる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】
『いやいやえん』(上)子供が子供らしく生きる

福音館書店の『いやいやえん』(中川李枝子作、大村百合子絵) 福音館書店の『いやいやえん』(中川李枝子作、大村百合子絵)

 今から50年以上も前に、一人の若い保母さん(現在は保育士)と子供たちの毎日の暮らしの中から生まれたお話があります。昭和37年に福音館書店から刊行された幼年童話『いやいやえん』(中川李枝子作、大村百合子絵)です。私が幼稚園教諭になったときから、子供たちに読み続けてきた一冊です。

 ここには、「ちゅーりっぷほいくえん」を舞台にした7つのお話が収められています。1つ目のお話は、ちゅーりっぷほいくえんと、登場人物の、しげるが紹介されます。

 ちゅーりっぷほいくえんには、子供たちが「なあんだ、かんたんなことばっかり!」という約束があります。4歳のしげるは、1日に17回もこの約束を忘れ「しげるちゃん!」と、いつも先生ににらまれてしまいます。約束忘れとは…

 《1.かおを、あらわないできました。2.ゆびを、しゃぶっていました。3.はなくそを、なめました…14.おべんとうのとき、わざと、にんじんをおとしました…》

 初めは神妙な顔で聞いていた子供たちですが、途中からゲラゲラと笑い出します。そして、「あれ? 〇〇ちゃんみたいだね」「ちがうよ、ぼく、そんなことしないもん」「△△君もやってるじゃん」と言い合うのです。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング