産経ニュース

2月に史跡足利学校で清光、安定の日本刀展示 新選組の沖田総司愛用の刀工

ライフ ライフ

記事詳細

更新


2月に史跡足利学校で清光、安定の日本刀展示 新選組の沖田総司愛用の刀工

右から「大和守安定」「源景国」「加州清光」作の日本刀(史跡足利学校提供) 右から「大和守安定」「源景国」「加州清光」作の日本刀(史跡足利学校提供)

 刀剣ブームに沸く栃木県足利市で、刀剣女子に人気の刀工「加州清光(かしゅうきよみつ)」と「大和守安定(やまとのかみやすさだ)」の日本刀などが特別展示されることが決まった。新選組の一番隊隊長の沖田総司が愛用の日本刀を作った刀工の作で、2月2~25日、史跡足利学校(同市昌平町)で展示される。所蔵家の好意で実現したもので、全国から多くのファンが訪れそうだ。(川岸等)

 清光は室町時代から続く加賀(石川県)の刀工で、展示されるのは刃長69センチ。安定は江戸時代に活躍した武蔵(東京都など)を代表する刀工で、展示品は同82センチ。また、江戸時代の足利の刀工・源景国(みなもとのかげくに)の刀、同70センチも展示される。

 清光と安定の刀は幕末、沖田総司が愛用したことで知られ、清光は新選組が尊王攘夷派志士を襲撃した池田屋事件で使用されたといわれる。いずれも、刀剣ブームの火付け役となったオンラインゲーム「刀剣乱舞」で擬人化され、刀剣女子と呼ばれる若い女性の間で人気が高い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 2月に史跡足利学校で清光、安定の日本刀展示 新選組の沖田総司愛用の刀工

「ライフ」のランキング