産経ニュース

【ゆうゆうLife】アートで対話の力引き出す 芸大が福祉施設向け人材育成

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
アートで対話の力引き出す 芸大が福祉施設向け人材育成

有料老人ホームで、高齢者と一緒に転倒予防の体操をする荒川弘憲さん(左)=平成29年8月、東京都内 有料老人ホームで、高齢者と一緒に転倒予防の体操をする荒川弘憲さん(左)=平成29年8月、東京都内

 芸術大学が高齢者施設で活躍できる人材を育成したり、障害者施設が芸術専攻の学生を呼び込んだりする取り組みが始まっている。アートの創造性や対話を引き出す力を福祉の現場で生かすのが狙いで、今後、活発になりそうだ。

 老人ホームで実習

 昨年8月、都内の介護付き有料老人ホームで、東京芸大の授業の一環として体験実習が行われた。転倒予防の体操をする高齢者の輪に、1年生の荒川弘憲さん(24)も加わった。「アートで地域のコミュニティーを復活させる活動に興味があって参加した」という。

 芸大は4月、アートと福祉をテーマに在学生と社会人を対象にする講座を立ち上げた。統括するのは美術学部長でアーティストの日比野克彦さん。福祉の成り立ちやアーティストと社会の関わりなどを学ぶほか、施設でのプログラムも企画。作品づくりを目指すのではなく、高齢者や障害者などコミュニティーから排除されやすい人の個性を尊重しながら社会とつなげる力を養う。

続きを読む

このニュースの写真

  • アートで対話の力引き出す 芸大が福祉施設向け人材育成

「ライフ」のランキング