産経ニュース

【ゆうゆうLife】家族がいてもいなくても(529)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
家族がいてもいなくても(529)

 記憶呼び覚ます冬の冷気

 今年は、栃木県の那須で新年を迎えた。1人暮らしになってから、毎年、いろんな年末年始を送ることにしてきた私だ。

 ある年は、お一人様限定のツアーで、沖縄の久米島で過ごしたり、オールナイトの映画館でポップコーンを食べて過ごしたり。友人を招いて、お正月ごっこのようなこともしたし、自転車で近所の知らない神社巡りをしたことも。

 今年は、昨年取材で出掛けた那須の高齢者向けコミュニティハウスのゲストルームに宿泊し、2泊3日の年越し体験をしてみた。

 部屋の窓の向こうは、モノトーンの冬木立。地面にはうっすらと雪が積もり、薄青く広がる空を雲が風に流されていく。

 その様子に思わず窓を開け放ったら冬の香りがした。冷たい風に身震いしながらも不思議な懐かしさにしばし浸ってしまった。

 那須の地は、私が生まれ育ち、10歳まで過ごした場所によく似ている。景色が、と言うのではない。空気の乾いた感じというか、香りというか、その場にいると不思議なほどに心身が馴染(なじ)んで安らぐ。心地がいいのだ。

 昨秋、取材で那須を訪れたときも、風の中にかすかに甘い香りを感じた。牧場のにおい。おそらく風が牛のフンとか牧草のにおいを孕(はら)んでいるのだろう。

続きを読む

「ライフ」のランキング