産経ニュース

【教育動向】「部活に入っているから勉強ができない」はウソだった!?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
「部活に入っているから勉強ができない」はウソだった!?

 高校生活の中心はもちろん日々の学習です。しかし、もう一つ、重要な柱があります。それは部活動です。高校の中には部活動への参加を奨励し、全校生徒のほとんどが何らかの部に参加しているところもあります。仲間と同じ目標に向かって努力する部活動に参加することで、高校生は多くを学びます。しかし、保護者のかたにとって気になるのは、部活動と勉強の両立です。実際、高校生に話を聞くと、「部活動で疲れてしまい、家に帰ってからあまり勉強できなかった」と、部活動と勉強の両立に苦労したという声がよく上がります。では、部活動は本当に勉強の妨げになるのでしょうか?

部活動をやめても、勉強するとは限らない!

 部活動に一生懸命なのはいいけれど、毎日ヘトヘトになって帰宅し、予習復習もままならないお子さまを見て「そんなことなら、もう部活をやめたら?」と声をかけた経験を持つ保護者のかたは少なくないはずです。では、部活動をやめると、勉強時間は確実に増えるのでしょうか?

 ここに興味深いデータがあります。高校1・2年生に「部活動への参加状況と平日の家庭学習時間」を聞いたところ、「部活動に参加している」生徒は、「部活動に参加していたがやめた」生徒や、「部活動に参加していない」生徒と比べて、平日に家庭学習を「ほとんどしない」の比率が最も低いことがわかったのです。

 かろうじて、平日に「3時間+3時間以上」の勉強をしている割合については、「部活動に参加している」生徒よりも、「部活動に参加していたがやめた」生徒の方が多いのですが、どうやら「部活動をやめれば勉強するようになる」とは言えないようです。お子さまが勉強するかどうかは、部活動の参加の有無よりも、勉強する目的(どの大学に、なんのために進学したいのか)の確かさの方が重要なのかもしれません。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「部活に入っているから勉強ができない」はウソだった!?

「ライフ」のランキング