産経ニュース

仙台でマグロなど初競り

ライフ ライフ

記事詳細

更新


仙台でマグロなど初競り

東北最大の卸売市場、仙台市中央卸売市場で初競りが行われた。同市場水産物部のマグロは生が中心。大間(青森県)や塩釜(宮城県)などの産地のマグロが次々と競り落とされた=5日、仙台市若林区卸町(高梨美穂子撮影) 東北最大の卸売市場、仙台市中央卸売市場で初競りが行われた。同市場水産物部のマグロは生が中心。大間(青森県)や塩釜(宮城県)などの産地のマグロが次々と競り落とされた=5日、仙台市若林区卸町(高梨美穂子撮影)

 東北で取扱量、金額ともに最大の卸売市場、仙台市中央卸売市場で5日、初競りが行われた。水産物部では午前6時半から業務開始式が行われ、市場関係者らが商売繁盛を願って手締めをした後、中村良幸市場長の開始宣言を合図に業務を開始した。

 この日、同市場に入荷したマグロは計約15トンで、クロマグロ(2140キロ)、メバチマグロ(1万2580キロ)など。クロマグロは昨年より約700キロ多く、高値は1キロ1万4040円と昨年の初競りに比べ3240円高だった。

 同市場水産物部の卸売業者、仙台水産の生鮮事業本部、山口清一副本部長は「マグロは例年に比べ全体的に1割ほど高い印象。いい品が入ってきていると思う。昨年はサンマやサケの入荷が少なかったが、今年は数多く集荷して、喜んで食べていただけるよう提供したい」と抱負を述べた。

「ライフ」のランキング